浮気の継続、再発を防止するための手段

浮気の継続、再発を防止するための手段

浮気が発覚した配偶者の浮気を防止することはなかなか困難と言えます。

 

浮気が発覚し浮気という男女関係は終わったように見せかけて実は継続していたというケースが当たり前に存在し、浮気された側の気持ちを逆なでするように困惑させます。

 

浮気が発覚した際に猛省し許してほしいと訴えている時期に効率よく「ペナルティーを課す」ことが出来れば今後の浮気対策に大きく役立つことでしょう。

 

そもそも、世間的には「一度、浮気した人物は再び浮気する」という認識にあり、浮気が発覚したならば「相応の行動で反省を促す」ことが一般的な考え方と言えるのです。

 

只々、反省しているから許してほしいとの言葉を聞いていても何の解決にもならないのですから。

 

浮気が発覚したパートナーが嫌がるペナルティーは様々と言えるでしょう。

 

中でも一番大切で楽しみにしている趣味に制限や制約を課すことにより、単独での外出を制限し浪費も制限する約束を取り付ける等はもっともポピュラーなペナルティーのカタチと言えます。

 

単独での外出に制限を与えることは「最も有効な浮気の制止法」と考えます。

 

しかし、こちらが課したペナルティーのためにパートナーが全く外出しなくなり、家庭内が窮屈に感じる等のデメリットをお感じになる方もいらっしゃるようですのである程度のさじ加減は必要です。

 

余り追い込むことはお勧めしません。

 

次に有効な手段として皆さんが行っているペナルティーは「余計な金銭を持たせない」という手法です。

 

事前に仕事の都合上、どうしても飲食の予定があるためお金が必要などのケース以外は余裕を持たせないのです。

 

そして、急遽出費があるときはクレジットカードで対応してもらい、後にカードの利用明細で「妥当な出費であったか」確認が可能なカタチにしておくのです。

 

浮気には必ず「お金と時間が必要」となるものです。

 

浮気を制止するために有効な手段は、この二つの要素を把握するか、与えないことが効果的と言えるのです。

 

探偵に依頼する浮気調査が必要かを判断する事も必用です。

 

探偵が浮気の可能性を判断する場面でベースとする情報は「生活のペースと金銭感覚」が欠かせない材料と言えます。

 

上記でお話したように「お金と時間に余裕」をもって生活している人物は「浮気も容易に実行可能」と判断できるのです。

 

あなたが把握しない時間帯が日常生活に多く存在するパートナーに関して、探偵に「浮気の有無」を可能性としてご相談されたとします。

 

多くの探偵の本音は「調査を実施してみなければわからない」という思いにあり、仮に浮気の可能性が高いと判断できる場合には「浮気の可能性が高い理由」を説明することとなります。

 

もし、ご相談時点で「探偵が浮気の可能性が高いと判断する理由」に納得できる場合は浮気調査を実施する方向性で「有意義な浮気調査」となるよう調査プランを検討する流れへとシフトしていくのです。

 

浮気をしてしまった人の中には浮気を自ら制止する人物も存在します。

 

探偵が実施する浮気調査が「浮気を制止する手法として適している」とは言い切れません。

 

浮気に罪悪感を持っている人物は必ず反省し家族のもとに戻ってきたいと考えている人もいるのです。

 

ただ浮気には相手という人物が存在します。

 

自分の意志では別れようと思っていても相手の想いに押し流されて継続している人も存在します。

 

探偵の浮気調査を実施しなくても「自ら浮気を制止」する人物もいるのですがやはり事実を突き止め、浮気を制止したり、浮気相手に対して法的手段を執ることも今後の抑止力となるのです。

 

浮気と家族を天秤にかけると「家族の存在は大きい」と判断する人も大勢存在するのでしょう。

 

自制心で浮気を断ち切れたならば「探偵の浮気調査は不必要」となります。

 

過去に浮気をしていた人物を信用できないという理由から浮気調査を実施し「浮気していない」という結果報告になる浮気調査も実際に存在するのです。

 

全てのケースがこのようにはいきませんが、「パートナーの変化が見受けられない」場合には浮気の事実を把握して制止する手段を講じていかなければならないと言えるのです。

page top