探偵の調査機材

ご依頼者が納得する探偵の調査とは?

ご依頼者が納得する調査を実施することが可能な探偵の条件は何か?模索しますと重要なポイントが幾つか存在することに気付くことが出来ます。
そして、そのポイントを念頭に置いて「探偵との問い合わせや相談を実施する」ことで、後悔の無い探偵選びが可能となるのです。

無駄な調査を実施し、多くの無駄な費用が発生する探偵に調査を依頼することは望ましい状況ではありません。
探偵を選んだ基準が甘く事を焦った探偵への調査依頼が招くリスクは回避したいと誰もが考えるところでしょう。
ポイントを押さえた探偵選びが実施されたならば「悪質な探偵」や「悪徳探偵」との契約は回避可能となります。
以下が納得できる調査を実施可能な探偵の条件となりますが、「全ての調査案件に依頼人が望む結果を出せる探偵」とは異なりますので勘違いの無いようにご注意ください。

まず、ご依頼者が納得する調査について簡単に説明が必要と思います。
このお話し抜きに「納得の探偵選び」は成立しません。
通常、探偵との相談を実施する際に「探偵の考える適した調査の見立て」が存在しご相談者に提案されるわけですが、この見立てが現実的であり、尚且つ、ご相談者が考える費用の範囲内に結果を得られる探偵の話であるか?が重要となります。
胆摘に申し上げてご依頼者が納得する探偵による調査とは、この範囲内で幾つかの条件をクリアーし調査が完遂するか?が基本にあると言えるのです。
文頭でお話しした重要ポイントも必要な条件と共通していると考えられるのです。

それでは、早速ご依頼者の納得する調査に必要な条件の一つ目「相談時点での探偵からの説明が明確でリスクに関しても説明されて納得できるか?」があります。
この説明が浅いまま調査に着手すれば「調査後に探偵に対して不満」が発生して満足とは程遠い状況になってしまうでしょう。
事前説明が丁寧である探偵は「ご依頼者とのトラブル回避を念頭に置いた業務を実施している探偵と判断が可能」と言え、探偵選びに関しての重要ポイントを満たしている探偵と判断できるのです。

次に重要ポイントとなる条件は「実際の調査に着手してからの探偵の姿勢」に関わるものです。
世間的に高い調査力を有している探偵は「合理的に無駄を省いて調査結果にたどり着く」ものですが、探偵の調査に対する姿勢一つで無駄は発生してしまうものです。
探偵がご依頼者の前で実施する業務に「無駄を感じる場面」が存在したり、どうも探偵の都合が重視されて調査が進行しているなどの感覚が探偵の業務進行に見受けられるならば「早い段階で調査を終了して他の探偵を探す」判断が望ましいと言えるのです。

調査を実施する上で「依頼人に無駄を感じさせる探偵」は依頼相手として相応しくないことは誰の目にも明らかであり、悪意が存在しなくても調査力が低く経験が不足している探偵である可能性もあるので早期に必要な選択と言えるのです。
大きく以上の2点に関して安心な探偵は調査着手から調査報告までの間に依頼人に調査に対する不安や疑念を持たせる探偵業務は実施されないことでしょう。
そして、調査を終えて「納得の調査が実施可能な探偵」との評価を依頼人から得られるのです。

また依頼人のニーズが探偵が携わる調査を左右するといっても過言ではないのです。

依頼人の都合は確かに重要であり、調査を実施するか?どうか?の判断にかかわることもあります。
しかし、探偵が実施する調査に必要な時間が短縮されるわけもなく、依頼人の要望が叶うとは限りません。
これは紛れもない事実であり、調査に着手する前に「いつまでに結果が欲しいから調査を実施する!」などの要望が存在しても「探偵にとって確約できるか?」は別問題であることが多いと言えます。
それでも調査の必要性があるご依頼者は調査に着手しますが、必要な期間内に結果が得られないならば「調査の必要性は無い」という判断ならば調査は実施されるべきではありません。
全ては依頼人の中にある「調査を必要とする理由」に関わるお話しになってしまい、探偵が必要とする調査にかかる日数がニーズに応えられなければ意味がないのです。
このような場面でも相談や契約時点でご依頼者に「十分な説明と理解が得られているか?」が重要となり、有能な探偵か?の判断において探偵が試される場面でもあるのです。